ガンダムAGE 第46話「宇宙要塞ラ・グラミス」あらすじ

第46話あらすじ
タイトル:「宇宙要塞ラ・グラミス」



セカンドムーンはラ・グラミスと合流をし
大規模な侵攻作戦を実行しようとしていた。

連邦もまた、それを迎え討つべく、宇宙要塞ラ・グラミス攻略作戦を発令する。
ガンダムAGE-FXも決戦にむけてガンダムAGE-FXの
新たなモード「FXバーストモード」が完成していた。

しかし、キオは敵も助ける戦い方を貫くため「FXバーストモード」は使う気はなかった。

セリックはキオに敵を救う戦い方をやめてもらいたいと言うがキオやめる気はない

そのころ、ゼハートはヴェイガンの民の士気をあげるべく演説をしていた
ザナルドはイゼルカントにプロジェクトエデンの全権をゼハートに託したことを伝え
ゼハートの右腕となって力になってほしいと頼むが。。。


宇宙要塞ラ・グラミス攻略作戦が開始され激しい戦いが始まる。

戦いが始まり間もなくゼハートの作戦でラ・グラミスの中央敵艦隊はダミーで
連邦はラ・グラミスの高圧エネルキー砲が打てないと思い突破を計っていた。

フリットはいち早く気づき艦隊の回避命令を出し回避した。
次のラ・グラミスの攻撃まで充電に時間がかかるので、ディーバを先頭に
中央突破に出る!

ゼハートはレギルスで出撃しガンダムAGE-FXとの戦闘に!
フランと強力して倒しにかかりキオは押されはじめていたが
命を奪う戦いをしたくないと戦場で甘い考えで「FXバーストモード」を使わずにいた。

キオが落とされるかと思った時ゼハートを攻撃する部隊が!
それはザナルドの部隊であった。

戦闘にまぎれてゼハートを殺そうとする

ついに火星圏でキオを友達になったディーンも同じ戦場に出るのであった。


第46話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年9月3日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像