ガンダムAGE 第45話「破壊者シド」あらすじ

第45話あらすじ
タイトル:「破壊者シド」



『EXA-DB』を守護している巨大な怪物モビルスーツ

ヴェイガンの最高司令官となったゼハートは、自らにその資格があるかを問うため、
イゼルカントに託されたガンダムレギルスでシドとの戦闘をしていた。

「ここで勝利できなければイゼルカントの意思を継ぐ資格はない」と言い
ガンダムレギルスの本当のちからを発揮すべくゼハートは
自らのちからを覚醒させようとしていた。

だが、シドはレギルスの攻撃を次々とはねつけてしまう。

そのころ、宇宙海賊ビシディアンではシドが出現したのを察知して
アセムもシドの元へと進路を変える。

13年前アセムはシドと遭遇していて瀕死まで追い込まれ
宇宙海賊ビシディアンに助けられた過去があった。


ゼハートはシドに追い詰められるが、戦うことでレギルスの力を引き出しはしめていた。

シドもさらなる力を発揮し絶体絶命と思われたその時、レギルスの前に
アセムが到着したがゼハートは余計なマネをせず立ち去れと言うが
シドに攻撃をはじめるアセム、ゼハートとアセムで結果強力して戦うことになる。

アセムがうまくシドを引き寄せ
ゼハートはレギルスの新の力を発揮することができてシドを撃破に成功する。

そのすきにアセムは『EXA-DB』を破壊しに向かいゼハートに邪魔をされるが
なんとか撃破に成功しゼハートは撤退をしていく。


第45話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年8月27日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像