ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン」あらすじ

第42話あらすじ
タイトル:「ジラード・スプリガン」



連邦軍とヴェイガンの戦いは、激しいものとなっていた。
そんな中キオはフラムに「戦いをやめてこれからのことを話し合うんだ」
「同じ人間同士ならできる」と説得は続くが「話し合いはもはや不可能」だと
戦い続ける。

アセムもゼハートに騙されているのだと言うが
イゼルカントのために戦うゼハートはアセムの言葉に耳をかすことはなくなっていた。。。

そこへ元連邦のパイロット、ジラード・スプリガンが参戦する。

自分がガンダムをたおすとフラムとキオの戦いに割り込んでくるジラード

ディーヴァ側で、ジラード・スプリガンが何者なのかが判明し
ルナベースに配属されていたエースパイロットということがわかった。

フリットはキオに手加減は無用と言うが、キオは自分のやり方で戦う

キオは、ジラードが連邦とヴェイガン、両方の実情がわかるはず
この戦争をやめさせたいと対話を試みる。

しかし、ジラードは聞く耳を持たず、Xラウンダーの力で
キオ達を追い詰めていくのだった。


ディーヴァが調べたところジラードの過去が明らかになる。。。

フリットは過去になにがあろうと今はヴェイガン敵であることに変わりはないと
自分もガンダムAGE-1の強化タイプで出撃をする。


ジラードの本当の名はレイナ・スプリガン
彼女は開発中のモビルスーツの性能を評価するテストパイロットだった

同期のテストパイロット、ジラード・フォーネルと
互いに切磋琢磨しあい二人の時を重ね将来を誓い合った。

そんなある日Xラウンダーの力を増幅させるための新たなシステムのテストを行う
テスト飛行中、順調におもわれたが出力を上はじめるとシステムに異常が発生し
中止を要請したが無視され能力がコントロールできなくなり隕石に衝突。。。


意識が戻ったレイナは事故の真相を知る
はやく結果をだしたいと焦るあまりテストの続行を上層部が許可していた。

上官に講義をしたが、これ以上騒げば火の粉がふりかかると言われ
真相はいんぺいされた。。。

復讐のためレイナは連邦を見限りヴェイガンの誘いにのり連邦を裏切った。

フラムが敵を振り切りまたキオに攻撃をしてきた中フリットが到着して
ヴェイガンは殲滅するとキオに言う。

レイナ・スプリガンは亡くなったジラード・フォーネル共にということで
名をジラードに変えて名乗るようになっていた。


第42話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年7月30日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像