ガンダムAGE 第37話「ヴェイガンの世界」あらすじ

第37話あらすじ
タイトル:「ヴェイガンの世界」



捕らわれの身となり、火星圏にあるヴェイガンの本拠地
『セカンドムーン』へ連れて行かれるキオ
そこで首領イゼルカントに会うのであった。


目的地に到着して捕虜として兵が連れて行こうとしたら
「特別な存在だから」と言ってイゼルカントが自分が預かる

そのころ、奪ったガンダムをエグザ・ディービーに内蔵された情報から
ガンダムの新型を生み出す可能性のあるデータを検索していた。

キオに地球圏の代表としてヴェイガンの世界を見届けてもらうといい
続きは次の日にということでとある部屋に案内された。

その部屋とはイゼルカントの亡くなった息子の部屋であった
しかもキオに似ている。。。


セカンドムーンの居住区に到着して
「ヴェイガンを知って敵の本当の姿を」
キオは一人降ろされる。


その居住区でディーンと妹のルーに出会い暮らしや病気のこと
火星圏の民が背負った、悲しい現実を知ることになった!


そしてイゼルカント自身も火星圏の病にかかっていて
残り時間は6ヶ月つ宣告されていた!


第37話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年6月25日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

    None Found

このページの先頭へ

イメージ画像