ガンダムAGE 第34話「宇宙海賊ビシディアン」あらすじ

第34話あらすじ
タイトル:「宇宙海賊ビシディアン」



ディーヴァは宇宙へ出て月面ルナベース(連邦軍基地)へ進路を取る。

キオははじめての宇宙を眺めたそんなとき
「誰かがぼくたちをまってる」と何かの気配を感じた。


これからディーヴァが通る特別警戒中域、通称・サルガッソーで
キオが感じた気配の持ち主がまちうけていた!

ヴェイガンにも連邦にも所属しない船が近づいてディーヴァをわたせと通信をしてきた!
しれは、宇宙海賊ビシディアンだった。

宇宙海賊ビシディアンとディーヴァの戦闘がはじまる。

宇宙海賊の首領がいう言葉。。。
「やっと会えたなキオ、力をみせてみろ!この父に!」

キオは宇宙海賊の首領が乗るAGE-2に似た機体ダークハウンドとの
バトルで苦戦をしいられる。

二人の戦いをみていたフリットはダークハウンドにアセムの感覚を感じるのであった。

だがそこにヴェイガンが襲来し、三つ巴の戦いとなる。
危機に陥ったキオは、ダークハウンドに助けられキオは通信をするが
応答はなくAGE-3に何かを貼り付けて撤退していった。。。


帰還したキオは海賊の首領が誰だか気づいたフリットに聞き
アセム・アスノということを告げられた。

アセムの狙いはAGEシステムだったが実際戦ってみて
ディーヴァもフリットも衰えていないと感じAGEシステムは任せられると判断し
キオに託した戦争の行方を左右する秘宝への鍵を。。。



第34話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年6月4日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

    None Found

このページの先頭へ

イメージ画像