ガンダムAGE 第30話「戦場になる街」あらすじ

第30話あらすじ
タイトル:「戦場になる街」



ヴェイガンの地球侵略の全面開始され戦場となり混乱する町

ゼハートと戦闘になるガンダムだが苦戦していた。

フリットは、この緊急事態に
オリバーノーツの基地に駐留していた老朽艦ディーヴァの発進を命じていたが

軍に命令する権限がないので拒否されそうになっていたが
フリットにはなにか考えがあることを見抜きアルグレアス総司令が許可。

ディーバには問題のある物の寄せ集めクルー達が乗り込むことになる。
しかも艦長に実戦経験のないナトーラ・エイナスが抜擢され
再びディーヴァが動きだす。


ゼハートはヴェイガンの地上戦艦に街を攻撃命令を出し
さらに熾烈な攻撃をしかける。

ディーヴァと通信をするフリットはAGEシステムで
新たな武器を作れと要求するが、エイナス艦長はそれにも気づいていなかったが
ロディー・マッドーナが先にAGEシステムを起動していた。

しかしデータがたりなくエラーが出て新兵器がつくれない。。。
フリットは強引に構築すればいいと言って新兵器を開発させる。

完成した新兵器は
シグマシスライフルの威力を格段に上げるアタッチメント
ガンダムはそれを受け取りパワーを充電!

キオはXラウンダーみたいな感覚で何かを感じとりヴェイガンの地上戦艦の前に出て
戦艦の操縦席に命中させゼハートにもダメージを与えることに成功し撤退させる。

キオはじいちゃんのガンダムでヴェイガンを倒すと誓うのであった。



第30話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年5月7日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

    None Found

このページの先頭へ

イメージ画像