ガンダムAGE 第25話「恐怖のミューセル」あらすじ

第25話あらすじ
タイトル:「恐怖のミューセル」


フリットが破壊したヴェイガンのMSは連邦軍のモビルスーツとは比べ物にならない
技術がまんさいで戦うマシンとしては完璧ということだった。

パイロットがかぶっていたヘルメットは
資質のない者であってもXラウンダーと同様の力を引き出せる装置
『ミューセル』というのを発見するがそれは
使用したものの脳にダメージを与えてしまう可能性のあるものだった。

Xラウンダー部隊が前回の戦闘で撃破された仲間の敵討ちをするため
勝手にデシルと出撃をしてディーバに攻撃をしかける。

『ミューセル』の話を偶然きいていたアセムはミューセルを装備して出撃してしまう。

ミューセルを使用したアセムはXラウンダーの領域を知るり
その力でマジシャンズエイトの1機を撃破してもう一体に大きなダメージをあたえ
ウルフはXラウンダーではないがマジシャンズエイトを撃破!

残りの1機を追撃しようとしたアセムだが
『ミューセル』のちからに耐えられなくなり気絶してしまう

デシルはディーバで指揮するフリットの攻撃に押され撤退

アセムはフリットも「二度と上官にそむくな」とぐぎをさされ

ウルフに、Xラウンダーになれないなら自分のように
「スーパーパイロットになればいい」と言われ
Xラウンダー部隊を撃破した腕を極めればいいということだった。


そして、地球圏に現れる敵移動要塞の大群があられる。。。


第25話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年4月2日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像