ガンダムAGE 第12話「反逆者たちの船出」あらすじ

第12話あらすじ
タイトル:「反逆者たちの船出」


一度は逃げられたが反逆者となったグルーデックを捕まえるため
グアバランの艦隊が待ち受けていた。

退路たたれたディーヴァだったがグルーデックは予測していて
ガンダムをコロニーの影に隠していて連邦のモビルスーツの
ビームスプレーガンだけを破壊して五部の状態にもどしたが
そこに突如、UEの艦隊が襲ってくる。

連邦のモビルスーツではまったくはがたたなく
UEの激しい攻撃に苦戦を強いられこのままでは全滅してしまう。

そしてグルーデックの決断は
自分たちを捕らえようとしているグアバランの艦隊を救うため
フリット達にUEの攻撃命令を出す。


フリットが戦闘中に敵の動きが見えて普段と違う動きでUEを撃破していく。

グアバランの艦隊とディーヴァが連携でUEを総攻撃をはじめ
UE戦闘艦が撤退をして難をのがれた。

UEとの交戦中、混乱に乗じて逃亡したということにして
グアバランはディーヴァを見逃すことにした。


フリットは敵の動きが見えたことが不安になりグルーデックに相談
ユリンと出あったときもそうだったことを言うと

「エックスラウンダー」のちからなのかもとグルーデックは言い
連邦軍で研究されていると聞いたことがあり、

脳の特別な能力(エックス領域)をもっていて
普通の人間なら一生使われることのない特別な領域

それがいままで感じとれなかったものを感じることができる。
その領域を使えるようになった超感覚の持ち主しれが
「エックスラウンダー」だとフリットに語る。


フリットのちからも特別なのはたしか。

そのころバーミングスの屋敷にデシルたちが現れ
ユリンを能力者だといいます。


第12話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2012年1月2日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像