ガンダムAGE 第7話「進化するガンダム」あらすじ

第7話あらすじ
タイトル:「進化するガンダム」



街を破壊したとして、ザラムに捕らえられたフリットは、
ザラムの首領、ドン・ボヤージの前に連行される。

フリットの身元を証明しにあらわれたのはグルーデックだった

戦争はずっと昔におわって過去を引きずって今をいがみ合わなきゃいけないと
抗議するがそれを聞き入れようとしないボヤージ。

あげくにガンダムを譲れと言い出す


ボヤージにグルーデックとフリットの過去のデータが届き
フリットはグルーデックが妻と子をUEによって失ったことを知る。

そこにフリットを助けにエミリーやバルガスが来たが
部隊を率いて攻撃を仕掛けてくるエウバの攻撃に巻き込まれ
直撃する寸前ガンダムで止たフリット

そこにUEが襲来してきて1体はディーバに戻るエミリーたちの方へ
向かってしまうがエウバとザラムの方にもUEが。。。

ラクト・エルファメルとドン・ボヤージはジャマだ小僧と言って
エミリー達を助けに向かわせる。

フリットは急ぎ駆けつけようとするフリットですが
やっぱりドッズライフルはきかず、ビームサーベルでとその瞬間
バクトに肩をやられてしまう

AGEシステムがすごいの作り出しているということで
ラーガンが時間を稼いでいる間に武器を取りに戻る。

AGEシステムが導き出したこたえ!ガンダムの新たなるフォームが姿を現す。
ラーガンが限界で危機一髪のときガンダムAGE-1タイタスで登場


第7話終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録


2011年11月21日 |

カテゴリー:あらすじ


関連記事

このページの先頭へ

イメージ画像